『私はなぜ今ここに…』 第22話

 

突然言われた私は、この仕事に向いてない、辞めなさい、と言われたときにも瞬時に判断はできなかった。

 

お世話になっているのは当然重々承知しているし、でも、辞めれと言われてもどうしても納得がいかない。そもそも私が辞めるのは自分で決めた時だ。

 

黙って話を聞いていた。

 

君には向いてない、、、何をそう思って言ってるんだろう。

 

私に何か資質が欠けているんだろうか。

 

でも、、、思い当たらない。一生懸命やってきたつもりだ。

 

 

その経験値のない中で私話を聞いていてひたすら思ったのは、私がなぜ行政書士をやめなければならないのだろう、というそこの一点だった。

 

借りにも自分のお金で行政書士会に登録をし、自分のお金で開業しやってきた。(当たり前だが)でも先生には間借りしているときに、入金が入ってこず家賃(間借りの分)を待ってもらっていることはあった。そこか?それなのか?それが向いてないということなのか。それはそう言われれば仕方ない部分ではある。

 

辞めたら仕事どうしようかな。何をしたらいいんだろう。。。

でも、もう少しがんばらせてもらえないかな。

なんて、ぼぉっと考えていた。

 

間髪入れずA先生が言った。

「顧客名簿を渡しなさい。」

 

いえ、もう少し待ってください。もう少し私、がんばってこのお客さんを回ってみます、と言うのが精いっぱいだった。

 

それから少し営業活動の時間を多くし、仕事はアルバイトの子と相談しながら、日中できることやお客さんとのやりとりを少し任せ、自分は以前のお客様のところへ訪問することをしてみた。

 

でも、全然、ぱっとした反応はない。

想定した通りだ。

 

何日か過ぎ、顧客の開拓はどうだ、と何度も聞いてくる。

そんなに簡単に結果は出ない。

 

じりじりとした何週間か過ぎた。

 

そんなことが続いた日、A先生から君はやはり行政書士には向いてないね、辞めなさい、そしてうちの事務所を出ていきなさい、と言われた。

 

いえ、それはもう少し待っていただけないですか、と私が言う。

そんなやりとりが数回続いた。

 

さすがにその頃になると私ももうこれは本当なんだ、先生は何をしたいのだろう、私は本当に辞めなければならないのか?と思い始めた。

 

(続く)

 

佐々木ひとみ

あわせて読みたい